病気を治療して健康体へ|糖尿病は症状が重くなる前に治療が大切

ドクター

糖代謝の異常

カウンセリング

糖尿病は体内での糖質の代謝に異常が起こり、全身に様々な症状が現れる疾患です。遺伝性が強く先天性の1型糖尿病に対して、2型糖尿病は生活習慣が原因で発症します。肥満になりがちな食生活の普及と運動不足の傾向によって、近年では糖尿病患者が増えています。この疾患の注意点として、初期症状に痛みを伴わないということが挙げられます。喉が渇いたり体重の急な増加、減少などが起こるものの、日常生活に支障が出ることは少ないです。また、初期症状がなく一気に進行することもあります。しかし、糖尿病が進行すると腎機能障害を中心に、多くの合併症が現れます。そのため、症状がなくても糖尿病が発覚したらすぐに治療を始めることが大切です。

糖尿病は一度発症すると完全には治癒しないため、継続的な治療が必要となります。一方、血糖値が高いなどの予備軍と呼ばれる状態は、生活習慣の見直しで糖尿病発症を予防できます。近年では糖尿病の患者自体も増えていますが、予備軍に当てはまる人が非常に多くいると言われています。必ずしも成人だけでなく、子どもがこの疾患を発症するケースも確認されています。老若男女を問わず、普段から生活習慣の見直しが必要であると言えます。具体的な予防策として、糖質を意識した食事が挙げられます。ご飯や麺類、パンと言った主食になることが多い食べ物には、非常に多くの糖質が含まれています。そのため、主食の量を減らすだけでも多くの人が糖質の過剰摂取を避けられます。糖尿病が糖代謝の疾患であることを知った上で、食事内容に気をつけることが大切です。

切らない最新のガン治療法

医者

ガン患者は治療法の知識が少ないことから、医師の勧めた治療法を選択することが多くなるので、様々なガンの治療法を知ることによって選択肢を広げることができます。また、サイバーナイフという高精度放射線治療は、患者への負担が少ない効果的な治療法ですが、治療に適さないガンもあるのです。

View Detail

便潜血検査を受ける意義

女性

早期の大腸がんは自覚症状がほとんどないため、定期的な検査を受けることが早期発見につながります。検便検査で便潜血の有無を調べ、陽性の場合に内視鏡で詳しく調べる方法が一般的です。便潜血が陽性となるケースの大半は痔による出血で、大腸がんでも陰性になる場合があります。2回法の検便検査なら発見率も高まります。

View Detail

聴神経の腫瘍

病棟

神経の病気として知られる聴神経腫瘍は聴神経を包み込む細胞に引き起こる腫瘍です。脳腫瘍の一種ですが、良性の腫瘍ですが、ゆっくりと進行することが特徴です。主な症状は難聴ですが、初期段階での自認は困難です。開頭手術、放射線治療、そして経過観察の治療法によって治していきます。

View Detail