病気を治療して健康体へ|糖尿病は症状が重くなる前に治療が大切

女性

切らない最新のガン治療法

医者

治療の選択肢を広げる

近年の放射線治療において、サイバーナイフという治療法が注目されており、患者への負担の少なさと治療効果の高さからガン治療に広く取り入れられています。もしガンを告知された場合、多くの人は医師と相談し、アドバイスを貰ってガンの治療法を選択することになります。患者はガン治療の知識が少ないので、手術が必要だと言われればそれに従ってしまう傾向があります。しかし、その病院にサイバーナイフの治療機器が無い場合は、医師がこの治療法を勧めてくることはありません。このように、手術や抗ガン剤に抵抗がある人がいたとしても、医師の勧める治療法しか選べず、治療の選択肢が狭まってしまうのです。ガンを告知されると冷静な判断をすることは難しくなりますが、様々なガンの治療法を知ることで、自分に合った方法を見つけることが大切なのです。

治療できないガンもある

サイバーナイフは高精度の放射線を利用した最新の治療法で、ガン細胞や腫瘍だけに放射線を当てることで、悪性細胞を消すという効果があります。また、患者への負担が少ないという特徴があり、通院による治療も可能な画期的治療法なのです。しかし、他のガン治療にも当てはまるのですが、まったくノーリスクの治療法は存在しません。もしそのような治療法があるのなら、この世にある全てのガン治療法は、その方法だけになっているはずです。サイバーナイフは元々脳腫瘍の治療用に開発されたもので、特定のガン治療に用いられるようになったのは、比較的最近のことなのです。サイバーナイフが使えないガンの症状は、グリオーマなどの広範囲に腫瘍が広がってしまうもので、ガン細胞と正常細胞の境目が判断しづらいものは苦手なのです。また、ガンによっては保険の適用外になってしまうものがあるので、事前に調べておくことが重要になります。